アーチェリーでオリンピックに出たい!~東京オリンピックの有力選手は?

アーチェリーの記事を探している人の中にはこう思っている人はいるのではないでしょうか。「アーチェリーでオリンピック出てやろう!」と。

そんな方向けに、アーチェリーでのオリンピック出場方法について簡単に紹介します。

アーチェリーの競技人口

オリンピックに出るという前に、まず日本国内でどれくらいのアーチェリー競技者がいるか学んでみましょう。

とあるテレビ番組で、「今から始めて東京オリンピック出場に挑戦することを目指すにはどの競技がいいか」という旨の特集が放送されました。

その際にアーチェリー、女子ラグビー、近代五種の三競技がクローズアップされました。

その時の情報によると、アーチェリーの競技人口は1万2000人とのこと。

アーチェリー歴わずか2年でオリンピックに出場した女子選手もいたということが分かりました。

その選手が極めてアーチェリーに向いていた体つき、性格だったということを考慮しても、競技歴2年でオリンピックに出ることができるなんていうのはマラソンやサッカーでは考えられないことでしょう。

現にアーチェリーの競技団体の関係者ですら、「他の種目と比べオリンピック出場のチャンスがあるのではないか」と言っているくらいでした。

ちなみに日本の弓道の競技人口はアーチェリーの10倍ほどです。

弓道とアーチェリーは射法に通ずる物があるため、弓道では花を咲かせることができなかったけどアーチェリーでオリンピックに出場したいなんていう人は参戦してみても面白いかもしれません。

余談ですが、上記に挙げた女子ラグビーの競技人口は2000人程度しかいないそうです。陸上で短距離をしていた選手などは速さという武器がいかせるため、転向しても即戦力となれるかもしれませんよね。今からオリンピックを目指すということも夢ではないかもしれません!

さらに近代五種は競技人口が30人です。とはいえオリンピックは簡単に出場できるものではないので、「競技人口が少ないからいけるんじゃないの?」程度の甘い考えではまず出場することはできないでしょうね。

アーチェリーが強い大学はどこ?

アーチェリーでオリンピックに出たいのであれば、アーチェリーの強い大学に入部するのが一番の近道だと思います。

アーチェリーの強い大学は、山本博さんが在籍していた日体大や、古川高晴さんが在籍していた近畿大学などが挙げられます。アーチェリーは西日本の大学が強い傾向があるともいわれています。

また女子では天理大学、日体大が強豪校とされています。

強い大学は切磋琢磨する環境にある、指導環境が優れている、道具などが充実している、勝つためのノウハウが備わっているなど強い選手を生み続ける要素が詰まっています。

本気で「アーチェリーでオリンピックに!」と思うのであれば、強豪校への進学を狙ってみてはいかがでしょうか。

アーチェリーでオリンピックに出るには

オリンピック

公式大会に出て好成績を収めると「強化選手選考会」の出場資格を得ることができます。

強化選手選考会でいい成績を収めたら、次に国の強化選手に組み込まれます。(いわゆるナショナルチームの一員になれます)

強化選手になると世界大会に派遣されるようになり、さらにそこで好成績を残すことができたら正式に代表選手としてオリンピック出場という道が開けてきます。

まずは強化選手選考会に出ることを目標とし、場数を踏んでなんとしてでも国の強化選手に選考されることです。

特に自分の大学や練習場所での環境が整っていない人にとっては、アーチェリーに没頭する環境が備えられているので急激にレベルアップするなんて選手も多いです。

2020年東京オリンピック、現時点で有望な選手は?

東京オリンピックでアーチェリー選手として注目を浴びている一人が小池美朝選手です。

小池選手は全日本小・中学生大会で連覇を果たしており、将来有望の選手とされています。

とはいえ競技人口が少ないアーチェリー。さらには女子ということもありますので、今後小池選手を脅かす存在の選手がゴロゴロ出てくることが予想されます。

もしかしたら今年からアーチェリーを始めてメキメキ成長したあなた自身が、小池選手を脅かす存在になるなんてことも……!?

管理人運営サイトの紹介

アーチェリー
アーチェリーというと、弓を引く構えの時に脇が目立ちます。

そのため、脇の処理をしっかりしている選手が多いと思い、脱毛のサイトを紹介します。

脱毛といえば、一番人気はミュゼ。中でも東京で店舗が多いのが新宿です。ミュゼは新宿東口、西口、南口、新宿三丁目と4店舗もあるのです。
新宿のミュゼは、こちら。
http://www.xn--2ck9csa3290aebaz23n82p9q6a.com/

そこで、ミュゼの各店舗について、詳しくまとめておきました。

アーチェリーをやる方は、ぜひ、チェックしてみてください。きれいな脇なら自信がアップし、大会でも良い成績を残せるかもしれません。